東京巻き爪治療 専門情報&サロン

東京巻き爪治療 専門情報&サロン

整体師が巻き爪の治療について解説

陥入爪を自分で治す?コットンパッキングとテーピング法

みなさん、こんにちは!
杉並区巻き爪矯正センターの院長、小池研身です。

爪が周囲の皮膚に食い込む陥入爪(かんにゅうそう)は、悪化すると肉芽(にくが)が生じ、痛みが強くなります。

巻き爪を矯正し、陥入爪を自力で治す方法として、コットンパッキングとテーピング法が知られています。

どちらも陥入爪の原因は解消しません。あくまで応急処置です。ただし、辛い痛みを一時的にやわらげる効果は期待できます。

今回は、陥入爪を自力で治す方法として知られるコットンパッキングとテーピング法の具体的な手順を紹介。さらに根本原因を取り除く方法として、ツメフラ法を紹介します。

陥入爪の二大セルフケアを紹介

まず、陥入爪をご自分で治す方法として有名なものには、下記のセルフケアがありますので、それぞれ見てみましょう。

1)コットンパッキング

「コットンパッキング」とは、食い込んだ巻き爪と皮膚の間に、小さく丸めたコットンをはさむ方法です。

コットンの大きさは米粒大が目安です。ピンセットや爪楊枝など、先がとがった道具を使い、すき間にコットンをはさみましょう。

材料も少なく手順も簡単なので、思い立ったらすぐ、自宅で手軽にできるのがコットンパッキングの魅力です。

ただし基本的には、コットンパッキングはあくまで応急処置です。続けると爪が反り上がり、より複雑な巻き爪になる恐れがあります。

また、痛いだけではなく肉芽ができている場合や、炎症によって化膿している場合などは、症状をさらに悪化させることもあります。すき間がほぼないのに、無理やりコットンを詰め込むのも危険です。

2)テーピング法

コットンをはさむすき間がない場合の巻き爪対策として、伸縮性のあるテープを使った「テーピング法」が知られています。

テープの主な巻き方には、次の種類があります。

1:爪と皮膚の間を広げる方法

まずは、テープの端をできるだけ爪の横ギリギリに貼ります。爪と皮膚の間を広げるような感覚で強く引っ張りながら、指の下を通して、反対側までテープを回します。

続いて、指の下から回したテープを、指の上を斜めに回しながらしっかりと引っ張り、指の上に貼って固定します。

反対側も同様に貼りましょう。引っ張りながら貼るのがコツです。

2:爪と皮膚の間にテープをはさむ方法

まずは、爪を囲むようにテーピングします。テープが3ミリほど、爪にかかる感じで貼ってください。先ほどの約3ミリの部分を、ピンセットや爪楊枝などを使って、食い込んだ爪の内側に詰め込みます。

強く引っ張るのではなく、指のカーブに沿うようにして、やさしく貼るのが、このテーピング法のポイントです。

どちらのテーピング法も、痛みを感じる場合はやめましょう。無理やり行うと、陥入爪の症状を悪化させる恐れがあります。コットンパッキングと同様、あくまで応急処置です。

陥入爪の原因は、トゲ状になった爪!

陥入爪を自分で治す方法として、有名なものをご紹介しました。これらはあくまで応急処置であり、根本的な解決にはなりません。

なぜなら陥入爪が痛みを引き起こす原因は、トゲ状に尖り、残ってしまっている爪の端(爪棘:そうきょく)だからです。つまり、爪を爪棘ができない状態に整えてあげない限り、陥入爪の問題は解決しないのです。

では、なぜ爪棘ができるのでしょうか?その主な原因はずばり、爪の切り方にあります。

短く切りすぎて、いわゆる深爪になると、爪が伸びてきたときに爪による押さえがきかなくなり、皮膚の軟部組織が隆起してきます。そして伸びてきた爪が軟部組織を押し、陥入爪になります。

病院に行くと、症状に応じた治療や、場合によっては手術が行われます。たとえば、爪が刺さっている部分を斜めに切り取る処置(フェノール法)や、爪の端を縦に切除し、新たに爪が作られる部分(爪母)を焼く手術が一般的です。

こうした治療や手術は、「爪の端を切ると、その部分はなくなるから、もう巻き爪になることもない」という理論で行われています。

ただし爪の両端というのは、本来皮膚としっかり接合し、安定しています。爪と皮膚を切り離してしまえば、爪が揺れやすくなり、不安定な状態に。その結果、また爪が巻いてしまうという悪循環が起こりやすいのです。

当センターでは、ツメフラ法で陥入爪にアプローチ

そこで当センターでは、陥入爪の原因である爪棘の問題を解消し、陥入爪をできるだけ、繰り返さないための根本的な矯正法として、医師考案の専門器具を使用し、痛みのないツメフラ法を採用しています。

爪棘だけを切って終わりではなく、爪全体の健康を取り戻す施術です。

爪は、異なる性質を持つケラチンで作られた3つの層が重なることで、一枚の爪を形成しており、もっとも下の層を第三層と呼びます。

この第三層が収縮と膨張を繰り返すことで横幅が短くなると、爪が巻くようになり、何度も繰り返す巻き爪の原因になります。

そこで十分な時間をかけて足浴していただき、第三層を柔らかくした上で、第三層のケラチン除去を行います。特に初回はかなり時間をかけます。その後、状態に適した矯正器具をつけることで陥入爪を矯正します。

無理やり切ったり、引っ張ったりといった施術は一切ありません。痛みのない施術ですから、安心してご利用ください。

陥入爪を自分で治す方法を試してきたけれど、いっこうに治らない、肉芽ができてしまって、歩くたびにズキズキ痛んで辛い方、ぜひお早めに、当センターにご相談くださいませ!


巻き爪治療ならツメフラ法がおすすめ

杉並区巻き爪矯正センター|東京巻き爪治療 専門情報&サロン
LINE登録|東京巻き爪治療 専門情報&サロン

おすすめ 関連記事

巻き爪・陥入爪・肥厚爪
の治し方・原因

高齢者の巻き爪、なぜ多い?原因・ケア方法・高齢者の爪の特徴

とても多い高齢者の巻き爪。主な原因は「歩かなくなる」ことです。 放置すると痛みが激しくなるだけではなく、転倒にもつながりかねません。そこで当センターでは、高齢者の...

    子供の巻き爪!足の爪が丸まる原因・やさしい矯正法は?

    巻き爪は子供にも起こります。主な原因として「合わない靴」「偏平足や外反母趾など足のトラブル」などが挙げられます。   親御さんが偶然気づくこともありますし...

      手の巻き爪矯正・治し方!ジェルネイルが原因かも?

      最近「手の巻き爪の矯正はできますか?」というお問い合わせが増えています。巻き爪というと“足の親指”というイメージですが、実は手も巻き爪になります。多いのが「長期間の...

        親指以外の巻き爪でお悩みの方へ!小指の小さな爪も矯正可!

        巻き爪といえば、多いのは足の親指。でも、巻き爪になるのは親指だけではありません。人差し指や中指、薬指、小指も巻き爪になることがあります。 ところが親指以外は、巻き...

          繰り返す巻き爪の原因はケラチンの蓄積!ツメフラ法で再発防止

          みなさん、こんにちは!杉並区巻き爪矯正センターの院長、小池研身です。 世の中に、巻き爪の治療法はたくさんありますが、巻き爪が再発し、何度も繰り返す方が大勢おられます...

            繰り返す巻き爪の原因はケラチンの蓄積!ツメフラ法で再発防止

            みなさん、こんにちは!杉並区巻き爪矯正センターの院長、小池研身です。 世の中に、巻き爪の治療法はたくさんありますが、巻き爪が再発し、何度も繰り返す方が大勢おられます...

            爪の横が痛い!陥入爪の原因・治し方・予防対策

            「足の親指の爪の横が痛い」「爪が食い込んで、歩くと痛い」「靴を変えてから痛むようになった」という方は、陥入爪(かんにゅうそう)かもしれません。爪がホッチキスの針のよ...

            肥厚爪の原因・治し方!足の爪が分厚くなるのはなぜ?

            「爪が分厚くなって切りにくい」「靴が履きづらい」「爪が厚くて色がおかしい」という方は、肥厚爪(ひこうそう・ひこうつめ)かもしれません。 肥厚爪の主な原因は深爪や外...

            陥入爪を自分で治す?コットンパッキングとテーピング法

            みなさん、こんにちは!杉並区巻き爪矯正センターの院長、小池研身です。 爪が周囲の皮膚に食い込む陥入爪(かんにゅうそう)は、悪化すると肉芽(にくが)が生じ、痛みが強く...

            手の巻き爪矯正・治し方!ジェルネイルが原因かも?

            最近「手の巻き爪の矯正はできますか?」というお問い合わせが増えています。巻き爪というと“足の親指”というイメージですが、実は手も巻き爪になります。多いのが「長期間の...


             まとめて読む

            口コミ体験談と治療画像で選ぶ
            『巻き爪・陥入爪・肥厚爪治療』

            サイト内検索

            TOP