東京巻き爪治療 専門情報&サロン

東京巻き爪治療 専門情報&サロン

フットケア(タコ・ウオノメ・角質ケア)

フットケア(タコ・ウオノメ・角質ケア)

当センターでは、巻き爪矯正だけではなく、

  • 魚の目(うおのめ)の除去
  • タコの除去
  • かかとの角質ケア

なども行っています。歩くと痛む魚の目、分厚いタコ、ガサガサのかかと……全てドイツ式マシンを使ったフットケアにより、なるべく負担をかけず良い状態へと整えていきます。

ドイツ式のマシンフットケア

足裏のたこや魚の目、かかとの角質ケアは大切です!

足裏のタコ、ウオノメ(魚の目)、踵のガサガサのケア

巻き爪矯正を行う中で、気づいたことがあります。それは「足裏にトラブルを抱えている方がとても多い」ということでした。

特にウオノメは、放置していると痛みが生じます。そのつらさは“画鋲を踏んだ痛み”に例えられるほど。「歩くのが嫌だ」「とにかく取ってほしい」という声もよく聞きます。

タコは基本的に痛みませんが、自然に良くなることはありません。むしろ自己流のケアで悪化する人も多いのです。ガサガサかかとも同じです。力いっぱい削ったり、間違ったケアを繰り返したりすると、ますます分厚くなり、ひび割れてしまうこともあります。

足は、大切な土台です。身体を支える足にトラブルがあると、どうなるでしょうか?当然ながら身体にも何らかの影響が及びます。逆に言えば足を整えることで、身体の調子が整う可能性があるということです。

気になる足トラブルは、早めに解決することをおすすめします。

本場ドイツ式マシンを使用

当センターでは、フットケアの本場ドイツ式を採用しています。使用するのは、高性能なフットケア専用マシン。1分間に3万回転し、安全に施術することが可能です。

たとえば角質がたまり、ガサガサになってしまったかかと。ドイツ式マシンを使ったケアにより短時間で足の角質を取り除き、本来の状態へと導きます。

ドイツ式マシンフットケア
フットケアグッズ

短時間で足の角質を取り除き、本来の状態に導きます

フットケア コースと料金

料金は全て税込表示です。

ドイツ式フットケアコース 60分・・・7,700円(税込)

内容

当センターで一番人気のコースです。気になるタコや魚の目(ウオノメ)、角質を集中して除去。さらに、高品質のフットケア専用オイル・クリームで乾燥した皮膚に潤いを取り戻し、足をトータルケアします。

対象

趾上タコ・ウオノメ(魚の目)、足裏タコ・ウオノメ(魚の目)、踵の角質、足甲角質(座りダコ)など

ドイツ式フットケアポイント施術コース 30分・・・4,400円(税込)

内容

気になるタコや魚の目(ウオノメ)、角質などを、時間内で可能な範囲ポイントケアしていきます。
※タコや魚の目が数カ所ある方や広範囲にわたる方は、60分コースをおすすめします。

対象

趾上タコ・ウオノメ(魚の目)、足裏タコ・ウオノメ(魚の目)、踵の角質、足甲角質(座りダコ)など

※下記の項目に該当する方は、施術をお断りする場合があります。

  • 傷や炎症等のある方。
  • 皮膚疾患のある方。(例)イボや感染性の疾患など。
  • スピール膏を使用して、皮膚が白く柔らかくなっている方。

※施術後、お客さまの都合による返金は致しかねます。

フットケア(タコ・ウオノメ・角質ケア)電話予約 フットケア(タコ・ウオノメ・角質ケア)電話相談 フットケア(タコ・ウオノメ・角質ケア)LINE予約

タコとウオノメ(魚の目)はどう違うの?

タコとウオノメはどう違うのでしょうか?下の図をご覧ください↓

タコとウオノメはどう違うのでしょうか

タコもウオノメも、特定の箇所に圧力がかかり続けることでできる点は同じ。では違いは何かというと、「芯の有無」と「痛いかどうか?」です。

(1)芯の有無

大きな違いは“芯”があるかないかです。魚の目には白い芯がありますが、タコにはありません。

というのも、ウオノメは皮膚深部へとくさび形に入り込み、これが“芯”となるから。一方でタコは、皮膚表面に盛り上がるように丸く突出するため、芯はできません。

(2)痛いかどうか?

魚の目には芯があるため、大きくなると神経を刺激して痛みが出ます。一方のタコは、単に皮膚が硬く厚くなるだけなので、基本的には痛みはありません。ただし大きくなると、タコでも痛みが出るケースもあります。

タコやうおのめができやすい場所

タコ、うおのめの好発部位

タコや魚の目は、圧力がかかり続けることで生じます。いわば“皮膚の防御反応”としてできるわけです。

そのため、合わない靴を履いて圧迫されるところや、歩きグセによって常に過度な圧力がかかる箇所にできがちです。

逆に土踏まずをはじめ、普段あまり圧力がかからない場所にできている場合は、タコやウオノメ以外の皮膚疾患の可能性もあり、注意が必要です。

こんな症状の場合は、まず皮膚科を受診してください!

当センターでタコや魚の目ケアを希望されて来院されても、施術できない場合があります。下の写真をご覧ください。

イボ(疣贅)はヒトパピローマウイルス(HPV)による感染症

一見、普通のウオノメのように見えますが、拡大するとこうなっています。

イボ(疣贅)はヒトパピローマウイルス(HPV)による感染症

表面がザラザラしていて、何か黒い点々のようなものが見えます。この場合はウオノメやタコではなく、イボ(疣贅)の可能性があります。

ウイルス性イボの場合、削る処置をすることで感染の範囲が広がる場合があります。ですのでまずは皮膚科を受診し、治療することが必要です。

以下の項目に当てはまる方は、まずは皮膚科で診断を受けてください。

  • 表面が写真のようにザラザラ、ガサガサしている
  • 中に黒い点々が見える
  • 土踏まずやかかとの内側など、圧力がかからない部分にできている

足は重要な感覚器

足裏はすごく繊細な感覚器です。靴の中に小さな石ころが入っていて気になった経験を、皆さんお持ちだと思います。

というのも、足裏には「メカノレセプター」と呼ばれるセンサーがあり、地面の傾斜や凸凹といった微細な情報を、脳へ伝える役割を果たしているから。ただし情報を敏感に感じ取れる分、石ころ一粒が入った途端いつも通りではなくなってしまいます。

魚の目やタコも同じ。足裏にあることで脳に情報が送られて、立ち方や歩き方にまで影響を与えています。長期間続けば下図のように、身体の歪みや痛みにつながることも考えられます。

また逆に、魚の目やタコができる方は、身体の歪みや歩き方のクセがあるケースが少なくありません。足は身体全体から見れば小さなパーツですが、人間の土台です。足を見れば全身のことが分かりますし、土台を整えることが全身の健康にもつながります。

足トラブルを解消し、全身を整えるきっかけにしたい!そうお考えの方は、当センターにお越しください。



フットケア(タコ・ウオノメ・角質ケア) フットケア(タコ・ウオノメ・角質ケア)相談 フットケア(タコ・ウオノメ・角質ケア)電話予約 フットケア(タコ・ウオノメ・角質ケア)治療院のLINE


巻き爪治療ならツメフラ法がおすすめ

杉並区巻き爪矯正センター|東京巻き爪治療 専門情報&サロン
LINE登録|東京巻き爪治療 専門情報&サロン


巻き爪・足の
お悩みコラム

足のタコの原因や治し方、タコと魚の目の違いは?

足にできたタコ。見ていると、つい取ったり削ったりしたくなる方も多いのでは? ただし「タコをハサミで切る」「角質取りで削る」などのセルフケアはおすすめできません。自己...

    魚の目とは?原因や治し方、魚の目とタコの違いは?

    足裏や指のふちなどにできる魚の目(ウオノメ)。「魚の目が痛い!」「芯を引っこ抜くのは大丈夫?」とお悩みの方も多いようです。 魚の目の除去は、芯をきちんと取ることがポ...

      足の小指、爪が2枚ある?爪が分かれるのは「副爪」

      足小指の爪が2枚に分かれている、横にも小さな爪が生えている……見つけると「これは何?」と思うことでしょう。その小さな爪のようなものは、「副爪」(ふくそう)です。 気...

        足の爪が厚い、白や黄色に変色する…その原因は「爪白癬」かも!

        「足の爪が厚い」「爪の生え方がおかしい」という方は、巻き爪と思いがち。ところが実際には、“爪の水虫”と呼ばれる「爪白癬」が原因であるケースが少なくありません。 ほど...

          足の爪が厚い、変色する…その原因は「肥厚爪」かも!

          「足の爪が厚い」「足の爪が分厚い、変色もしている」という方は、巻き爪と思いがち。ところが実際には、肥厚爪が原因であるケースが少なくありません。 肥厚爪を治すポイント...

            足の小指、爪が2枚ある?爪が分かれるのは「副爪」

            足小指の爪が2枚に分かれている、横にも小さな爪が生えている……見つけると「これは何?」と思うことでしょう。その小さな爪のようなものは、「副爪」(ふくそう)です。 気...

            肥厚爪の原因・治し方!足の爪が分厚くなるのはなぜ?

            「爪が分厚くなって切りにくい」「靴が履きづらい」「爪が厚くて色がおかしい」という方は、肥厚爪(ひこうそう・ひこうつめ)かもしれません。 肥厚爪の主な原因は深爪や外...

            手の巻き爪矯正・治し方!ジェルネイルが原因かも?

            最近「手の巻き爪の矯正はできますか?」というお問い合わせが増えています。巻き爪というと“足の親指”というイメージですが、実は手も巻き爪になります。多いのが「長期間の...

            陥入爪を自分で治す?コットンパッキングとテーピング法

            みなさん、こんにちは!杉並区巻き爪矯正センターの院長、小池研身です。 爪が周囲の皮膚に食い込む陥入爪(かんにゅうそう)は、悪化すると肉芽(にくが)が生じ、痛みが強く...

            足の爪が厚い、変色する…その原因は「肥厚爪」かも!

            「足の爪が厚い」「足の爪が分厚い、変色もしている」という方は、巻き爪と思いがち。ところが実際には、肥厚爪が原因であるケースが少なくありません。 肥厚爪を治すポイント...


             まとめて読む

            口コミ体験談と治療画像で選ぶ
            『巻き爪・陥入爪・肥厚爪治療』

            サイト内検索

            TOP